こころの情操教育 わんわん読書会

「わんわん読書会」ポスター 写真:©浜田一男

「ぐるっと流山」に、わんわん読書会に向けた講演会の様子が掲載されました。

別ウィンドウで開きます2018年11月25日開催 講演会「命の授業」

別ウィンドウで開きます2019年2月2日開催 講演会「どうぶつとの絆と犬への読み聞かせ」

人は生まれつきペット(コンパニオンアニマル)に対して親近感を持っており、ペットを愛で共に過ごすことは、お互いの健康に良い影響を与えるという結果が学術的に出ているそうです。

アメリカでは、そんなアニマルセラピーの効果を実感していたひとりの看護師の女性によって、子どもたちが犬に本を読み聞かせ、楽しみながら読書力・読書意欲が増すようお手伝いする活動、「R.E.A.D.(リード:"Reading Education Assistance Dogs"の略)プログラム」が発案され、活動の輪を広げています。

日本では、2016年9月、三鷹市立三鷹図書館で、ジャーナリストの大塚敦子さんのご協力のもと「わん!だふる読書体験」と名付けられ活動がスタートしました。

そしてこの度、流山市でも公益社団法人 日本動物病院協会様のご協力を頂き、「R.E.A.D.プログラム」を運営できる運びとなりました。全国2例目、千葉県初の「R.E.A.D.プログラム」を「わんわん読書会」と称して開催します。

お子様やお孫さんに、ぜひこのユニークな読書会を体験させてあげてください。



【2019年度 開催スケジュール】

① 4/14(日)、②5/12(日)、③6/9(日)、④7/7(日)、⑤9/8(日)、
⑥10/20(日)、⑦11/10(日)、⑧12/8(日)、⑨1/19(日)

全9回 各日13:00~15:30  会場:流山市おおたかの森センター(第2会議室)


【当日のスケジュール】

13:00~ オリエンテーション(犬とのふれあい方を学びます)
14:10~ 犬への読み聞かせ体験(一人/15分)
14:50~ ふれあいタイム・おさんぽ体験
15:30  プログラム終了


【対象】

一人で絵本を音読できる幼児~小学生


【定員】

各回8名


【持ち物】

動きやすい服装でお越しください。読んであげたい本があれば、ご持参ください。
※一人の体験時間は15分になります。本選びが難しい場合は図書館にご相談ください。



【注意事項】

  1. 保護者の方は別室待機になります。
  2. 読書サポート犬の指名は出来ません。
  3. 犬アレルギーのある方は参加できません。
  4. 天候不良や犬の体調により、やむを得ず読書会を中止する場合があります。また、その際のご連絡は、当日の朝になってしまうことがあります。あらかじめご了承ください。
  5. 読み聞かせ体験中でも、ハンドラーがトラブルの発生を判断した場合、人・犬保護のために読書会を中止する場合があります。

【申込方法】


①窓口申込
おおたかの森センター または おおたかの森こども図書館 の各窓口に備え付けの申込用紙に必要事項をご記入の上、お申し込みください。

②FAX/メール申込
下記の申込用紙データ(PDF/Excel)をダウンロードして必要事項をご記入の上、FAXまたはメールで「おおたかの森センター」へお送りください。


PDF わんわん読書会申込書



EXCEL わんわん読書会申込書


送付先:おおたかの森センター
FAX.04-7159-7041
MAIL.otakanomoricity@gmail.com



募集期間:2019年2月2日(土)~ 定員になり次第締め切り


選  考:申し込み先着順(応募多数の場合は抽選にて決定)





「わんわん読書会」の読書サポート犬は、公益社団法人日本動物病院協会のCAPP活動(人と動物のふれあい活動)参加基準を満たした犬(もしくはその同等の犬)で、なおかつ獣医師による健康チェックもクリアしています。
※CAPP活動については、詳しくは日本動物病院協会のホームページをご覧ください。
 https://www.jaha.or.jp/hab/

  • 共催:流山市立おおたかの森こども図書館、流山市おおたかの森センター、どんぐり学童クラブ
  • 後援:流山市社会福祉協議会
  • 協賛:JAHA 公益社団法人 日本動物病院協会